政治のことなど語ってみたりして

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍しんちゃん内閣 大臣 寸評 7 厚生労働=柳沢伯夫

<<   作成日時 : 2006/09/28 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

参考サイト
柳沢伯夫 - Wikipedia
http://www.google.com/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&rls=GGLR,GGLR:2005-43,GGLR:en&q=%e6%9f%b3%e6%b2%a2%e4%bc%af%e5%a4%ab


厚生労働=柳沢伯夫(1935年8月18日静岡県生まれ)

東京大学法学部卒業後、大蔵省入省

東大卒大蔵上がり、超エリートだ

2002年 日本の金融機関を外資のハゲタカファンドに安売りし、無責任にも議員辞職した(んですよね今日?)竹中平蔵経済相との路線対立から金融担当大臣を更迭される。後任は竹中が兼任。


貸金業法改正に関連して  ゲンダイネット 【2006年9月21日掲載】
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2485909/detailより抜粋

 政務官を辞任した後藤田正純議員はこう言う。

「今年の8月頃から急に業界のロビー活動が盛んになった。国内の大手、中小業者はもちろん、在日米国商工会議所、外資系金融機関も改正案反対で動いた。国会議員や金融庁に働きかけたんです。金融庁案が変わったのは、このままでは法案が通らなくなると危惧したのでしょう。局長が説明に来ましたが、もごもごしていた。ただ、この間の自民党の合同部会での案が決まったわけではありません。私は取り立て規制や違反した場合の行政処分強化、加入時の生命保険の問題やリボ払いの規制、利息制限法が実質利上げになる部分の改正などを徹底して求めています」

 こうしたロビー活動の裏には、もちろん、カネが動いている。業界の政治団体である「全国貸金業政治連盟」(全政連)の05年収支報告書を見ると、石原伸晃、柳沢伯夫、甘利明、中川秀直といった安倍内閣の大臣候補に軒並みカネが渡っていたことが分かる。森派には20万円、宏池会には16万円。後藤田も少額ながらパーティー券を買ってもらっているし、自民党の政党機関紙に33万8400円、政党資料に12万6000円。公明党にも109万2270円が渡っている。

 この問題は、企業の儲けを優先するのか、格差是正か、という選択だ。有権者はよく見ておいた方がいい。




人気blogランキングに参加しております。こちらもご贔屓に

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
後藤田正純に殺意を覚える
src= ...続きを見る
ラサのブログ
2007/09/24 15:04
後藤田正純研究070806参院選惨敗後「福田さんはありえない!」
src= ...続きを見る
ラサのブログ
2007/09/25 20:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍しんちゃん内閣 大臣 寸評 7 厚生労働=柳沢伯夫 政治のことなど語ってみたりして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる