安倍しんちゃん内閣 大臣 寸評 12 官房・拉致問題= 塩崎恭久

参考サイト
塩崎恭久 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%B4%8E%E6%81%AD%E4%B9%85

塩崎恭久(1950年11月7日愛知県生まれ)

東京大学教養学部教養学科を卒業して、日本銀行に入行、在職中にハーバード大学大学院(ケネディスクール)を修了

カッコイイ~~~

東京都立新宿高等学校卒業にして東大合格は優秀でしょう。

二世議員

当選 4回(参院当選1回)


金融問題で民主党若手とともに修正案をまとめるなどして「政策新人類」と呼ばれる。自民党総裁選挙では、若手議員の結集を図ろうと動く様子も見られたが、動けなかった。

「父の代わりに担がれただけで国会議員なんてやりたくなかったし、嫌嫌だった。一番批判されるべき対象の典型的な二世議員でした。もちろん、今は本気です。」と自らTVのインタビューで昔を振り返っている。


この人は、優秀ですね。
しんちゃんの補佐には、もったいない
期待度大です

彼が官房長官として
入閣したことが
今回の
しんちゃん内閣での
唯一の救いとなるかもしれませんね


しんちゃんも
よく
塩崎恭久氏を
入閣させたな~
しんちゃんより
断然魅力的だから
人気取られちゃうかもね


自民党では
僕は
河野太郎クンと渡辺喜美氏と共に
すばらしい代議士の一人だと
思います

でも
話が、あまりにも
合わなくて
喧嘩して
早々に辞任したりして





人気blogランキングに参加しております。こちらもご贔屓に

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • とんちんかん

    家族会は増元照明氏を追放しろ
    増元氏と言えば、小泉総理に暴言をあびせた男である。
    会社を止め、選挙に立候補。そして落選。 退職金も貯金も
    選挙費用に使い果たし、収入源が無くなった。 そんな増元氏に
    とって、姉の拉致事案が生活の糧となった。 増元氏のHPは
    全頁に振込先が掲載されている。 カンパと称してはいるが、
    要は生活費をくれということではないのか。 増元氏は活動費だと
    言い訳をするかもしれないが、同じことだ。 これでは拉致を
    利用した金儲けであると言われても仕方がない。
    頻繁に海外旅行の出来る身分ではない。
    きちんと職に就き、その傍ら活動をするのが筋ではないのか。
    こういう人物がいる限り拉致家族会への同情の念は
    薄れるばかりだ。
    2006年11月20日 08:37
  • ともこ

    家族会の増元照明氏は無職で無一文である。
    その彼が東京に事務所を置き、強引な手法で
    全国からカンパを集め、豪勢な暮らしを
    しているのである。全国を旅行して歩き
    年に3度は用も無いのに名目をつけては
    海外旅行をしているのである。彼が4年間に
    全国から集めた金は約2億円である。彼は完全に
    拉致問題を食い物にしているのである。
    そんなことでよいのだろうか。?
    彼が行くべき先は、アメリカや、ヨーロッパ
    では無く、ピョンヤンではなかろうか。 

    2006年11月20日 08:38

この記事へのトラックバック